このページは、確認用ページです。

このページは、確認用ページ(非公開)です。このページから、メニューやバナーをクリックして、他のページに移動すると戻れなくなります。(リンクしていないため)

戻れなくなった場合は、再度メールに記載しているURLから、ページを開いてください。

東海地区コンクリート圧送有限責任事業組合

投稿ページで、取り組みを公開することで、下記のように新着情報が表示されます。表示件数は変更できます。

[showwhatsnew]

また右サイドバナーは、下記のように点滅させるなどで目立つようにすることも可能です。

コンクリート圧送工事業とは

コンクリートミキサー車によって、建築・建設現場に搬入された生コンクリートをコンクリートポンプ車を使用し、油圧により所定の型枠内に生コンクリートを注入する、 圧送を専門とする工事業です。 マンション・ビルから橋梁・トンネルまで、建設には欠かすことのできない工程を 担っています。昨今では、建築・建造物の高層化・大型化が進み、またコンクリート の耐震性・耐久性能への関心が高まる中、高度で熟練された技術と設備を 要する事業です。

コンクリートポンプ車

東海地区コンクリート圧送有限責任事業組合について

東海LLP

当事業組合は、愛知県・岐阜県・三重県のコンクリート圧送企業(加盟事業者数:37社)によって、構成されています。 加盟する企業の発展とコンクリート圧送事業に関わる情報発信ならびに、円滑な事業推進を目的とした団体です。

お知らせ

トップへ戻る